• TOP >> 

時代の流れに伴い、人々の価値観は多様化しています。 昔であれば、大人になったらこうするのが普通、女性だったらこうするのが当たり前といったような、固定概念に縛られたり古くからの風習に縛られる事も少なくなり、自分の選んだ生き方が出来る時代になっています。 周囲に歩調を合わせて、押し並べて平穏な道を選んで生きる方が、生活をしていくという点での苦労は少ないものです。 ただ、そのために自分の思いや夢を犠牲にしたり、流されて生きている空虚感を感じる事もあるでしょう。 反面、自分の望むような自由な生き方というのは、実は厳しさや苦難も少なくないものです。 自分の思いを通すには誰かの反対を受ける事もありますし、人と違う事をするのは風当たりは強くなるものです。

また、多くの人が既に通った道であるなら歩くのもたやすいものですが、自分で路を切り開いていくのは大変なものです。 このような現実の中で、特に女性の生き方は大きく変わってきています。 社会的、精神的な力を身につけて、男性や親に頼らなくても自立して生きていけるようになりたいと考える女性も増えています。 女性の4年制大学進学率も時代の流れとともに増え、現在では4年制大学在学中の学生の男女比は半々に近い数値へと推移しています。 社会的に見ても、結婚、出産を経ても、夫婦共働きの世帯も多く、女性の経営者や管理職も珍しくありません。 また工事現場やトラックの運転手といった、少し前なら男性の仕事と考えられていたような業種にも挑戦して活躍する女性の姿が見られる様になっています。

それに加え、未婚率や離婚率も未だ上昇しています。 若い世代の女性では結婚願望や専業主婦願望を抱く人が多くいると言われていますが、30代40代をみれば、男女ともに未婚の割合は驚くほど高く、結婚を望みながらも今の生活にはそれなりに満足しているという人も少なくないのです。 また離婚を経験したり、シングルマザーとしての道を選ぶ人も珍しくない世の中です。 女性であっても、生涯勤めたいと思う職に就き、十分生きていけるだけの経済力を持ち、同じような境遇の仲間や自分の趣味などを充実させて、きちんと自立している人も多いのです。 自立をして、ひとりでも生きていく事が出来るようになれば、人生の岐路に立った時にも望む方へ舵を切る事も出来るようになります。 そして、それこそが自分らしく人生を生きていくために必要な力なのではないでしょうか。

このように、自分らしく生きる、自立をする、楽しい人生を送る、そのどれもに共通して言えるのは“安定した収入”ではないでしょうか。 人と比べる必要はありませんが、自分が満足できる為には稼ぐことが避けては通れない道です。 稼ぐことができれば選択肢も増えるので、まずは風俗求人で自立を目指そう 幸せを手にする為には、人と同じことをしていてはいつまでたっても辿り着きません。 人生にやり直しはきかないので、あとになって後悔した時にはもう遅いのです。 「今はまだ自立はしなくても良い」という考えは捨てて今日から一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。